エポック小史と近20年の歩みで構成『追手門学院大学五十年志』

work_065

企画の背景

既刊「三十年史」に続く、近20年の歴史を主眼に編纂。大学改革の時代にふさわしく、変化と改革の変遷を記録し継承することを目的にされました。

内容

自校教育のテキストになることも想定し、50年の歴史をテーマで輪切りして構成する「トピックで描く五〇年小史」と、学部学科・機構や諸組織の足跡を概観する「近二〇年の歩み」で構成しています。

構成概要

口絵/「トピックで描く五〇年小史」/近二〇年の歩み/創立五〇周年に寄せて(OB、卒業生による寄稿)/学校法人理事長・学長対談/資料編/年表

仕様

A4判 372頁 上製・函入り

キーワード

関連するキーワードはありません

関連記事一覧

関連記事はありません。