通史とクロニクルの2本柱で歴史を検証『オリエンタルランド50年史』

work_053

企画の背景

資料の保存・整理(アーカイブ)から年史の編集制作までを一貫して行うなかで、土地の埋立造成からスタートしたオリエンタルランドの企業としての位置づけ、TDLおよびTDSの事業の位置づけの再確認をめざしました。

内容

「沿革編」と「クロニクル編」「資料編・年表」で構成。沿革編では、東京湾浦安沖の埋立事業から東京ディズニーリゾートへの成長の軌跡を編年形式で。クロニクル編では、各年(年代)ごとのトピックで構成することで発展の過程を輪切りに。2つの視点から、同社の歴史を多角的にとらえました。

構成概要

正史 口絵/沿革/クロニクル/資料/年表
別冊 語り継ぎたいこと チャレンジの50年

仕様

A4判 352頁 上製
B5判 18頁 並製

キーワード

関連するキーワードはありません

関連記事一覧

関連記事はありません。