美術館の軌跡と未来を展望『松伯美術館開館10周年記念誌』

松伯美術館開館10周年記念誌

企画の背景

開館10周年を迎えるに当たって足跡を概観すると同時に、今後、美術館が果たす役割を明らかにしたいという意図がありました。

内容

上村家三代の画業を集大成する美術館の開館10周年記念誌。10年の足跡を概観すると同時に、今後美術館が果たす役割を明らかにすることを主眼に、記念対談、沿革、美術界からの寄稿、三代の顕彰などで構成されています。開館後の足跡は企画展ポスターを活用したグラフィックな造りで、魅力ある誌面になっています。

構成概要

 上村淳之館長と山口近鉄社長との対談/上村家三代の画業/美術館開館に至る道のり/ポスターに見る10年のあゆみ/資料・年表

仕様

A4変型判 総頁数64頁 並製

キーワード

関連するキーワードはありません

関連記事一覧

関連記事はありません。